プロセキュート
【第55回桂冠塾】実施内容
今月の本: 『誘拐』(本田靖春)
実施日時: 2009年10月25日(日)14:00〜17:00
今月の会場: 西武池袋線大泉学園駅・徒歩3分
勤労福祉会館 和室(小)
参加費 : 350円(会場費・資料コピー代に補填します)
懇親会 : 終了後希望者で懇親会を行います(会費2500円程度)
今回はノンフィクション作品からピックアップしました。
本田靖春氏による『誘拐』は、日本におけるノンフィクション作品の最高傑作のひとつと評される作品です。
作品の舞台は昭和38〜41年の東京。日本中を震撼させた「吉展ちゃん誘拐事件」が本作品の素材です。

この事件自体が日本の犯罪史上に特筆される重大事件です。
身代金目的の誘拐がほとんどなかった当時のこと。警察の捜査もノウハウがなく、逆探知や声門鑑定等の技術もなかった時代です。
マスコミと警察の間で報道協定が結ばれた日本発の事件としても有名であり、公開捜査に踏み切り、多くの国民が注目した事件です。
何もかも手探りのなかで、ただひたすら吉展ちゃんの奪還を最優先に考えながら、しかし致命的な失態を繰り返す警察の姿も赤裸々に描かれていきます。

本田氏はこの事件を犯人の側から克明に描き出そうとします。
当時の時代背景や地方の寒村が抱えていた貧困など、事件の背後にある様々な要因を、地道な取材や資料を精査することによって、この事件の全体像に迫ろうとした労作でもあります。
作品の後半は、名刑事とうたわれた平塚八兵衛が事件を洗い直し、犯人である小原保に肉薄し、自供に追い込んでいきます。
作品は、取調室における八兵衛による小原を落とすシーンで最高潮に達します。その後の拍子抜けするほどの印象すら感じる小原保の心の変化も特筆に値する展開でしょう。
事実を一面からのみ見ることの怖さ。情報過多で、かつマスメディア報道にいとも簡単に世論を左右される時代を生きる私達現代人が心すべき教訓も多く含まれているように感じます。

本田靖春氏は本作品で第39回文藝春秋読者賞と第9回講談社出版文化賞を受賞。数多くのノンフィクション作品、ドキュメンタリ作品を発表し、惜しまれながらも2004年に逝去されました。
歴史上の事件、すでに多くの人に知られている出来事であるから、その結末は、はっきりしている。
ノンフィクション作品のある分野ではそうした一側面がある。
しかしこの作品には力がある。
結果がわかっていても読者を惹きつける魅力とは何なのか。
そんな気持ちにもさせてくれる作品でもあります

http://prosecute.way-nifty.com/blog/2009/11/55-75b3.html
【当日配布の資料より一部を掲載】


読書会『桂冠塾』についてのお問合せ
お名前
メールアドレス
(※アドレスが間違っていると返信ができません御注意下さい
お問合せの内容は次のどれになりますか?
読書会に参加してみたい
一度見学がしたい
内容の説明が聞きたい
お聞きになりたい内容やご意見など気軽にご記入下さい
【桂冠塾】トップに戻る  
Copyright (C) 2009 PROSECUTE All Rights Reserved.